『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『ばぶるへGO!』
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 スタンダード・エディション バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 スタンダード・エディション
馬場康夫 (2007/08/17)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る


随分前に見たのだけど、期待してなかった割にはめちゃめちゃ面白かった。やっぱり阿部さんはいいわー


話的には、バブル崩壊でそろそろ壊滅しそうだぜ?的な日本を、タイムマシンで過去に戻って バブル崩壊の元凶を食い止めよう。 みたいなお話。


バブル時代の描写がすごかった。
バブル時代に行きたいなー と思うような作品。


バブル時代のちょい役の役どころも面白かったです。


タクシーチケットほしいなぁ~。

スポンサーサイト
【2007/09/19 14:23】 DVD観賞 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『王の男』
王の男 コレクターズ・エディション (初回限定生産) 王の男 コレクターズ・エディション (初回限定生産)
カム・ウソン (2007/04/18)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る

タイトルからして、いかがわしい映画かなー と思ったのですが そこまでではありませんでした。
話自体は、キレイな顔のおにーちゃんと その仲間の物語。


このおにーちゃん、キレイな顔立ち(ポスターとか)してるんですが
反面 ちょいきもいーとか 最初は思っていたりしたんですが
仕草とかが超女でした。男と女の差異っていうのはやっぱりあるんだなー と実感。
後の方になると、もっと艶やかになります。
タブン、女の人のほうが素直に キレイだなー って思えるんじゃないでしょか。


日本語吹き替えで見たのも、こうをなしてか 最初はどうでもいーと
思っていたのですが、最後にはわりとのめりこんでました。



好き嫌いは 結構分かれるかと思います。
【2007/05/15 02:08】 DVD観賞 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『プラダを着た悪魔』
プラダを着た悪魔 (特別編) プラダを着た悪魔 (特別編)
メリル・ストリープ (2007/04/18)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る


よめちゃんの推薦でみました。
雰囲気の良い映画でした。なんか主人公の人の差がはげしいー
というか、映画の中の社長もすごいけど
サポート訳?も絶対できないなと思いました。
そんなの覚えきれないよ!
話の展開はなんだか とんとんと飛んで行ったけど
主人公の頑張り様とか、ブランド物の良さとかが
オタクな僕にもよくわかりましたー わかったのかよくわからないけど
なんかよかった!

雑誌を見る眼がちょっと変わったなーと 紀伊国屋の洋書コーナーに置いてある
本をみて思いました。外国のブランドはなんかキレイだ!(偏りすぎ?

まぁ、そんな再認識をうける映画です。



プラダ
プラダ高級品っぽいです




【2007/05/05 06:25】 DVD観賞 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『時をかける少女』
時をかける少女 通常版 時をかける少女 通常版
筒井康隆、 他 (2007/04/20)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る


ずっと観たい観たいと思ってなかなかDVDで出てなかった 時かけを見ました。実写のほうはみたことないんですけどね。


ポスターのジャンプが印象的だったんですが、色々飛び回る元気な主人公でした。なんかなにげない日常感がとっても心地よかったです。なんか生活くさいみたいな。そういう感じ。


商店街だとか、河川敷だとか、坂道だとか
絵に描いたような(絵なんですが)二股路とか。
妙に現実感が なんだかとっても心にきました。
生活観求めてるのかなぁ~


そいう背景的なとこに目が行きつつ
バカな主人公を笑いつつ
ピュアな奴らがほほえましかったり
話の展開にどきどきしちゃったり。
うん、いいな これ みたいな。


先生、キャッチボールがしたいです。的なね
よくわからんけどもw


まぁ、いい作りしてますな。と思いました。
何度かみてみたいなぁと思った作品です。



駆けっこしよう柴犬 駆けっこしよう柴犬
植木 裕幸、福田 豊文 他 (2004/12)
山と溪谷社

この商品の詳細を見る
【2007/04/25 01:09】 DVD観賞 | トラックバック(0) | コメント(2) |
『UDON』
UDON スタンダード・エディション UDON スタンダード・エディション
ユースケ・サンタマリア (2007/03/07)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る



UDONを観ました


なかなか豪華キャストでした。フジテレビクオリティー
讃岐うどんの物語。


始まる前に大きく売り出したけど、あまり集客がなかった
なんて話をきいたりもしてたんですが、個人的には楽しめました。
作品の中の人達の意気込みみたいのがとても良かったです。
物作りには、こういう一体化したパワーっていうの必要だよね。


とりあえず、うどん食べたくなるのでこれから見る人は
気をつけてください。


ちなみに僕は深夜2時に小麦粉を揉みはじめてしまいました。
できあがったものは散々でしたが。(´Д⊂グスン



超麺通団3 麺通団のさぬきうどんのめぐり方 超麺通団3 麺通団のさぬきうどんのめぐり方
田尾 和俊 (2006/08/23)
西日本出版社

この商品の詳細を見る
【2007/04/21 18:28】 DVD観賞 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comments
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。